さびしいときは素直に泣けばよいのではないでしょうか。

秋元くんの完成で、泣いてしまった大島優子くん自身は「階級に立つ人間として、見せてはいけない形」といった反省しているようですが、こういう実話は、独自もよくわかってよいと思います。
うら寂しいときは素直に泣けばよいのではないでしょうか。
アイドルだから、階級の上だからと言って、人間を押し殺すことはないって自身は思っています。
秋元くんの完成セレモニーをご覧になった方も多いでしょうね。
これは、AKBが2013層の夏場のドームツアーを行なった際に、一緒にセレモニーも行なわれていました。
階級上で泣いてしまった大島優子くんには、またも信者から優しい評価が寄せられました。
「大島くんが泣いたことは、秋元くんへの明確な興奮だから」とか「あたたかいメンタルを有する大島くんが素敵です」とか、激励の評価が寄せられている。
信者は、こんな大島優子くんの優しさにメンタルを打たれ、腹いっぱい、信者になってしまうのでしょう。

さて、大島優子くんは、前田敦子くんが卒業してから、既に、押しも押されもせぬAKBの中程です。
そして、若手を育てながら、自分も間もなくは、前田敦子くんのようにAKBを終了したいと思っているでしょう。
信者としては大島優子くんまでがAKBを卒業してしまうお日様のことを考えたくないことも当然ですが、AKBは彼達がもっと活躍して覗くときのクラスになっているのですから、終了のお日様が来たらあったかく送りだしてあげたいですね。

みなさんは、AKBのなかのどなたがお好きですか?
「オシメン」と呼ばれているそうですが、イチオシの会員はいらっしゃいますか?
大島優子くんも大人気ですし、信者も圧倒的に多いでしょう。
また、前田敦子くんも総選挙もその世評はわかりましたが、残念ながら前田くん会員は2012層に卒業してしまいました。
大島優子くんも、次回AKBを卒業してしまうと思うと信者の方も懸念でしょう。
みなさんは、AKBのメンバーのなかで、中心となる皆さんが相次いで卒業していることをどのように受け止めていますか?
AKBの信者のものにとっては、花盛り会員がザクザクいなくなってしまうことは、思い切り残念でたまらないことでしょう。
信者としては、セレモニーに参加して、その終了のお日様をしっかり見届けたいところですよね。
ですが、すでに、AKBの動作はチケット継続も困難ですから、その取り分け完成セレモニーを行なう動作となれば、チケットはグングン、手に入りにくくなります。
2013層2月に完成を発表して、8毎月の東京ドーム動作で板野友美くんの完成セレモニーが行なわれましたよね。
見に行きたかったという信者の方も多いのではないでしょうか。

そういった動作では、板野くんの完成ソングとして、秋元康くんが書き下ろした曲、「最後の扉」が披露されました。
板野くんが完成セレモニーにそういった曲を歌った柄、AKBの主会員が板野くんへ与えるうたい文句をかけたそうです。